based onとin accordance with

55d8ebdef112c1fc5bb2322adfceda99_s.jpg
based on(~に基づいて)とin accordance with(~に従って)の違いは非常にややこしいですが、仕事上の仕様書や契約書(契約書では主にpursuant to を使いますが)に頻出するので面倒ですね。

いつもどう違うのか苦戦していました。
単語と前置詞のイメージから使い分けを意識してみましょう。

base ベース
on 何かの上にくっついているようなイメージ

イメージ:○○をベースとして、○○を起点として、○○の上に乗って。
「~に基づく」

The project is based on your draft.
計画はあなたの草案に基づいている。
(計画のアイディアはあなたの草案からきているけど、その計画は上司や関係部署によって変更が行われます。)


accordance 合致 調和
with ~と

イメージ:○○に合致している、横に沿っている、平行している。
「~に従って」

The project was implemented in accordance with the specification.
計画は仕様書に従って実行された。
(計画に仕様書が存在しており、はじめから最後まで仕様書に沿って実行されます。)

※この2つの使い分けは業種によっては厳密に区分けされている場合があります。可能な限り自分の業種で区分のされ方を調べるべきです。


【目次ページ】へもどる

仕事で使うライティングワードConfirm/Validate

55d8ebdef112c1fc5bb2322adfceda99_s.jpg
仕事で書類を作るようになると、
ConfirmとValidateの違いをいつか調べる日がくるかと思います。(特にIT関係/建設関係/エンジニア関係者)

どちらも辞書をひくと、「確認する」という意味で、ビジネス経験のないネイティブの中には違いがわからない人もいます。
私も自分で調べる前に、

オンライン英会話のフィリピン人講師2名
アメリカの友人1名に違いを質問しました。

なんと、3名中2名から「どちらもMake sureと同じ意味だよ!違いを気にする必要はない!」などと回答を頂くことになりました。

オンライン英会話のフィリピン人講師の1名から、わかりやすい回答を頂いたのでシェアしたいと思います。

Validateというのは、
(仕様に沿っているかどうかを) 「確認する」ということよ。
Confirmというのは
(それがYesかNoかを)「確認する」の。つまり
validateしてはじめてconfirm出来るということね。 


Confirmというのは
con(完全に)とfirm(かたい)という2つの意味が組み合わさったもので、「確かにする」という事です
Confirmationレターやメールはよく見るワードですね。
Confirmationレターなどは、
「確認してください。」「同意してください。」「署名してください。」というものが多いです。私の会社も先日海外支社の担当税理士から「Audit Confirmation (監査確認)」を頂きました。

一方で仕様書などではconfirmでなくvalidateを使わなければならない箇所が結構あります。ご注意ください。


【目次ページ】へもどる

英単語はイメージで暗記Let Have Make

8f48d1d1485dbf07073d0589a3511c72_s_201701292048189fb.jpg
英会話に使える便利な3つの動詞です。イメージでつかんでおくと、使える表現力が広がります。

Let 
:弱い許可/≦allow

★Please let me know. 私に知らせて下さい。
★Let me think. 考えさせて。
Let meだけを使って、「私にさせて(手伝わせて)」なんて言い方はよく映画やドラマで出てきますね。

Have
:手に持つという意味だけではなく、自分の置かれた状況を説明すると考えるとわかりやすい。

May I have your business card please? 名刺を頂いてもよろしいでしょうか?
Can I have coffee please? コーヒーを頂けますか? (コーヒーを持てますか?)
★I had my hair cut. 私は髪を切りました。

※I cut my hair.私が私の髪を切りました。  となりますのでご注意ください。
have my hair cut というのは、私の髪を 切られる 状況を持ちました というニュアンス。

Make
:何かを作っているイメージです。 つまりその状況を作りだすちょっとした強制力がニュアンスにあります。

Make it. 間に合う
Make clear. はっきりする
Make sure. 確かにする
Make out. 理解する
Make an effort. 努力する
Make up for. ~の埋め合わせをする
★He made me mad. 彼は私を怒らせた。


★がついているのは使役動詞と呼ばれる文型です。
使役動詞はややこしい印象がありますが、イメージさえ覚えていればわかりやすく、スピーキングにおいても使いやすいです。


【目次ページ】へもどる


記事を書いている人

Junan

Author:Junan
英会話を身に着けるまでの道のりは長く、先が見えにくい「航海」のようなものです。
元船乗りの駐在員が座標を見失わないように具体的な情報を発信していきます。
icon_139750_256.jpg

人気の英語ブログが見つかる

2017y02m17d_102019614.jpg


ビジネス英語 ブログランキングへ


にほんブログ村

--お勧め英語学習ブログ--------------------------
eat English
英会話学習教材「こんなときどう言ったらいいの英語表現」

毎日1フレーズ覚えていきましょう!

Youtube無料動画で10倍楽しく学ぶ英会話
楽しく視聴出来る動画、いっぱいあります!

惟神之道
語学をテーマにした記事など!スペイン語記事もあり!

-毎月お勧めブログを紹介していきます。-------

最新記事