英語学習においては近道は存在しない

2e8c53fd538043284e6b92e4f1c800ff_s.jpg

英語を習得するのには時間が掛かります。

ただし、語学を学ぶというのは、特別な能力は必要ではありません。 勉強に使った時間は必ず結果となって現れます。
近道はありませんが、努力は必ず報われます。


「1000時間理論」

どんなことでも1000時間勉強をすればある程度モノになるというものです。
実際に英語の勉強も1000時間勉強をすれば「十分な基礎力」が身につきます。
毎日3時間の勉強を1年続ければ、1000時間に届きますので、無理な数字ではありません。


「1000時間」をスピーキング・リスニングに使えば、英会話もある程度出来るようになると思います。
日本の英語教育ではスピーキングの絶対量が少ないため、学校教育だけではまず話せる人は出てきません。

ここでのポイントは、時間数ではなく、何か結果が出るにはそれなりの時間が必要であるということです。
結果が出る前に諦めてしまう人も多いと思います。



英語学習は時間が掛かります。

「3000時間」 という数字の根拠は、 
1000時間は英語の基礎・1000時間は英会話の基礎
そして残り1000時間は応用として自分の必要な分野の英語の勉強です。(TOEIC900点を目指すためのものか、ビジネス英会話のためか、アカデミック英語を極めるためか。技術的な英語を覚えるのか。)

3000時間英語を勉強をして、やっと自分に必要な分野の英語力が十分に付きます。


ですが、
30日間で英語が話せる! 3ヶ月でTOEIC900点を目指す!といった教材が市場にたくさんあります。これらの購入を考えている方は、ちょっと考えてみてくださいね。

英語が話せる人は日本人は少なく・ TOEIC900点以上は受験者全体の上位3%です。
本当にそんな教材が存在するのであれば、この現実はどうなるのでしょうか?

記事を書いている人

Junan

Author:Junan
英会話を身に着けるまでの道のりは長く、先が見えにくい「航海」のようなものです。
元船乗りの駐在員が座標を見失わないように具体的な情報を発信していきます。
icon_139750_256.jpg

人気の英語ブログが見つかる

2017y02m17d_102019614.jpg


ビジネス英語 ブログランキングへ


にほんブログ村

--お勧め英語学習ブログ--------------------------
eat English
英会話学習教材「こんなときどう言ったらいいの英語表現」

毎日1フレーズ覚えていきましょう!

Youtube無料動画で10倍楽しく学ぶ英会話
楽しく視聴出来る動画、いっぱいあります!

惟神之道
語学をテーマにした記事など!スペイン語記事もあり!

-毎月お勧めブログを紹介していきます。-------

最新記事