in my bed?それともon my bed? ネイティブの意見はどっち?

91f21decc9e5499b1b461f01fa7bce5d_s.jpg
先日、イギリスの方と話す機会がありました。

睡眠時間の話になり、
「普段は布団で寝てるの?ベットで寝てるの?」と聞かれたので、
私は、「"on my bed"ベットの上で寝ている」と答えました。

このように返されました。
「あれ?私は"in my bed"って言うけど、文法的にはどっちが正しいのかな?多分"stand point"、自分の持っているイメージ次第よね。布団にくるまっているイメージが強いのなら"in my bed"だし、ベットの上に寝ているイメージが強いのなら"on my bed"で良いと思うわ。」
とのこと。

気になったので調べてみました。
外国版 知恵袋みたいなところで、以下のようなやり取りがありましたので、紹介します。


質問を要約するとこんな感じ
Angelica:
こんにちは、質問があるのですが・・・、

いつ貴方は"ON the bed"と使いますか?また、いつ"IN the bed"を使いますか?このフレーズの違いって何でしょうか?
取り換えても同じように使えますか?


多数派の意見


布団の中にいる以上はIN
ベットの上に横になっているだけならON

その他の面白い意見


Mr.Dave「ふむ・・・。じゃあさ、椅子に座ってるとするじゃん。もしガールフレンドが毛布を掛けてくれたら、"on the couch"っていうの?それとも"in the couch"っていうの?」

Mr.Guest「俺は小さいベットが嫌いだ、足が"in the air"って感じがするからさ。」

納得した意見


「実は"in bed"というのは、事実"on the bed"ということでもあるんだ。例え、布団の下にいてもね。
つまり今回のケースの場合は、貴方の"視点"次第で、どちらも使えるってことだよ。
だから、私はあなたが混乱するのも理解出来るよ。」




このやり取りを見ているだけで、ネイティブはやっぱり単語をイメージで操っていると再確認出来ますね。
つまり私は、寝ている自分を上から見たイメージで、"on the bed"ベットの上にいると表現した事になります。

恋愛の英会話

69c905564050d60f5a57678de4444059_s.jpg
外国人と恋愛をすると英会話力は必ず上がります。何故なら、
どのような言い方・フレーズを使うべきか・どのように伝えるべきか、真剣に悩むからです。
そのことが貴方の英会話力を底上げします。
恋愛のフレーズから英語を学びましょう。


TIPS1
「恋愛の表現」


I love you so much. とても愛しています。
なぜ、very much でなくso muchなのでしょうか。soの方が、より気持ちがこもったニュアンスになります。 口頭表現になりますので文中にはあまり使わない方が良いかと思いますが、このようなケースにはso muchがピッタリですね。

ちなみに、有名な話ですが
I love you. 私は あなたを愛しています。
の返答が
me too. 
だと、 私も 私を愛しています。
ということになりますので、ご注意ください。
I love you too. ですね。


TIPS2
「恋愛の表現②」


I like you. 貴方が好きです。
恋人未満の関係の時に、男女が良く使います。
You are funny. あなたって面白いのね。
なども、女の人が少し興味のある男の人に言ってるのは聞きますね。
もちろん、ただ面白いだけかもしれません。
I can explain! 説明出来るよ!
浮気の言い訳の時にとっさに出るそうです。
I miss you. 貴方を失う→ 寂しい。


TIPS3
「イメージから文法の復習-willと be going toの違い-」


I will miss you.
I am going to miss you.

違いは何でしょうか、

WILLは意志がそこに宿ったイメージであると考えます。"今"話を聞いて"今"寂しく思った。

GOINGということは~~に向かっているイメージが思い浮かびます。 既にmissする事が決まっており、そこに向かっている状態。
前々から知っている状態であり、失われつつある。もういなくなっちゃうんだね・・・。といったイメージがそこにあります。


【目次ページ】へもどる

【英会話】出張先・旅行先のホテルで使うフレーズ

cb6a278898644db2dd9ff1b77bd30be9_s.jpg
ホテルの予約に関しては英語が出来る・出来ないに関わらず、「ホテル予約サイト」または「メール」をお勧めします。
お互いに文字が記録として残るため、確実なやり取りが可能であるからです。
特に英語圏以外の国はホテルであっても、英語が余り使えないスタッフもいる事を頭におかないといけません。

急な出張で空室の確認などしなければならないケースがあるかと思います。

電話で
Hello. I would like to make a reservation for 3 days from January 10th.
こんにちは、1月10日から3日間予約をお願いしたいのですが。
英語圏の国で無い場合は、一呼吸おいてあげましょう。相手も英語初心者の場合があります。
Hello. Is there English speaker?/Can you speak English?
I would like to make a reservation.
It is for 3days.
Yes, from January 10th.

フロントで
Excuse me. I don't have a reservation. Do you have an available room for me?
すみません。予約ないのだけど、空いている部屋ありますか?
って聞くと、質問が帰ってきます。
Yes, we have. How long do you plan to stay?
Only single room left. is that OK?
Would you like to smoke?

聞き取れない時
Could you said that again? もう一度お願いします。
Could you slow down please? ゆっくりお願いします。


カウンターにてチェックインしたい事を伝えましょう。
I would like to check in. My name is Junan. I have a reservation.

何も言わなくても相手から、
May I help you, Sir?
Do you have a reservation?
May I have your name please?
May I have your passport please?
などと聞いてきます。

チェックアウト時は
I would like to check out.

相手が冷蔵庫の中のもの何か飲んだか聞いてくる事が多いです。(あるいはボーイさんがチェックしてくるから待ってくれと言ってきます。)

その他、知っていると便利なフレーズ
延長をしたい場合:
I would like to extend my stay.
部屋の変更をしたい場合:
Can I move to a different room?
Wifiのパスワードを聞く場合:
Can I have Wifi password?
エアコンが動かない場合:
The air conditioner does not work.
お湯が出ない場合:
There is no hot water in the shower.
タクシーを呼びたい場合:
Could you call a taxi for me?
荷物を預かってほしい場合:
Could you keep my luggage?
チェックアウト時間を聞く場合:
What time should I check out?
ランドリーサービスについて:
Do you offer laundry service?
When Can I get back?
ルームサービスについて:
I would like to order room service. My room number is 402.

ホテルの場合は、宿泊日数を確認や変更する際など、携帯のアプリ表示ででも良いので「カレンダー」を指指しながら会話すると伝わりやすいかもしれませんね。


【目次ページ】へもどる


記事を書いている人

Junan

Author:Junan
英会話を身に着けるまでの道のりは長く、先が見えにくい「航海」のようなものです。
元船乗りの駐在員が座標を見失わないように具体的な情報を発信していきます。
icon_139750_256.jpg

人気の英語ブログが見つかる

2017y02m17d_102019614.jpg


ビジネス英語 ブログランキングへ


にほんブログ村

--お勧め英語学習ブログ--------------------------
eat English
英会話学習教材「こんなときどう言ったらいいの英語表現」

毎日1フレーズ覚えていきましょう!

Youtube無料動画で10倍楽しく学ぶ英会話
楽しく視聴出来る動画、いっぱいあります!

惟神之道
語学をテーマにした記事など!スペイン語記事もあり!

-毎月お勧めブログを紹介していきます。-------

最新記事