英文メールのフレーズはストックしておく

53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s.jpg
英文メールは、いくつかフレーズをストックしておくと便利です。

毎回ゼロから英文メールを作るのは大変ですので、自分のメールのテンプレートを一度"簡単なフレーズ"で作ってしまいましょう。
後は語句を変えるだけで応用が出来ます。


①Dear Ms. Hang,

②I hope this email will find you well.

③I'm writing this email to you is I'd like to have a meeting with you next week.
④If possible, January 9th (Monday) is better for me.

⑤Attached to this e-mail, please find our agenda.

⑥Please let me know your convenient time for our meeting.


⑦Best regards,

Junan




①冒頭につける"Dear"


担当者がわからない場合は、

"To whom this may concern,"というフレーズが役に立ちます。
同僚に対してなどはフランクに"Dear"をつけないケースがありますが、基本的にはビジネスマナーだと心得てください。

②はじめの挨拶


日本人はとにかく、メールが長いです。
「いつもお世話になっております。ABC株式会社のジュナンです。」

名前を名乗るのは初めてメールを送る場合のみで問題ありません。Time is Moneyといって、基本的には「簡潔な」メールがビジネスでは好まれます。

また「いつもお世話になっております。」に相当する英語は翻訳者の間でも探すのに苦労しているそうです。
直訳をするならば"Thank you very much always for your support."でしょうか。

意味合いが変わりますが、
"I hope this email will find you well. "といったビジネスの成功を祈るフレーズがあります。

冒頭の挨拶を付け加えたい場合は、"I hope this email will find you well."をお勧めしますが、
上司などに「お世話になっております」を付けて欲しいと指示された場合は、"Thank you very much always for your support."で良いと思います。

③本題に入るときのフレーズ


We would like to inform you that....
The reason why I am writing this e-mail to you is...
I'm writing to inform you that...
これらは、教科書的過ぎるので、ある程度取引のある相手であれば、いきなり本題でもいいと思います。


④⑤⑥その他便利なフレーズなど


Attached to this e-mail, please find ○○○.
添付が必要な場合
Please let me know
返信が必要な場合

If possible, もし可能なら
If necessary, もし必要なら
As necessary 必要に応じて

⑦結び "Best regards,"


結び文句は色々とフレーズがありますが、ここでは紹介しません。不親切でしょうか?いやいや、フレーズを多く知ってしまうと逆にややこしいんですよ。使い分けが・・・。

出来たら、手元に"英文のメール用例"をおいておくと便利ですね。


【目次ページ】へもどる
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


記事を書いている人

Junan

Author:Junan
英会話を身に着けるまでの道のりは長く、先が見えにくい「航海」のようなものです。
元船乗りの駐在員が座標を見失わないように具体的な情報を発信していきます。
icon_139750_256.jpg

人気の英語ブログが見つかる

2017y02m17d_102019614.jpg


ビジネス英語 ブログランキングへ


にほんブログ村

--お勧め英語学習ブログ--------------------------
eat English
英会話学習教材「こんなときどう言ったらいいの英語表現」

毎日1フレーズ覚えていきましょう!

Youtube無料動画で10倍楽しく学ぶ英会話
楽しく視聴出来る動画、いっぱいあります!

惟神之道
語学をテーマにした記事など!スペイン語記事もあり!

-毎月お勧めブログを紹介していきます。-------

最新記事